患者の身近な存在である看護師のやりがい

看護師の仕事は、命を扱うお仕事です。夜勤やシフト制をこなしながら働き、体力的にも精神的にも多くのエネルギーを消費します。
しかし、それでも看護師を続けている、むしろ誇りを持って看護師の仕事をやっている人がたくさんいます。大変なところがある反面、それ以上に大きいやりがい、看護師になってよかったという気持ちが支えているという部分が大きいです。
そこで、ここでは看護師の多くが感じるやりがいをまとめていきます。

まず、医療ドラマでもよく描かれているように、患者に「ありがとう」と言われる体験がやりがいに繋がっています。
患者は命の危機となる状況や、体調を崩して居る状況を医療スタッフに支えてもらい、治療をしてもらいます。
そのため患者が感謝の想いを医療スタッフに伝えることが多いのですが、看護師は医者以上に近い存在です。診察の時だけでなく、点滴や食事介助など頻繁に接します。そのため看護師と患者の間には親近感が生じやすく、看護師にとってそれほど親近感を感じている患者に「ありがとう」といって元気に退院していく姿を見ることはとても大きな喜びとなります。

また医療の領域では常に研究が行われて、新しい知見、新しい治療法がたくさん入ってきます。
そのため看護師は働きながら、研修に参加したり論文を読んだりして学び続けます。そのようにして新しく学んだ技術が患者の回復に役立ったときはもちろん嬉しさになりますし、逆にわからないこと、今の自分の技術で対応できないと感じたときに新しく学びます。
そのような学ぶ体験は大きなやりがいをもたらし、看護師として長く輝ける糧となるのです。