内科と外科の違い

内科と外科は看護師によって好き嫌いが別れる様だ。しかし看護の基本は同じである。 ただ、外科より内科の方が症状の経過が読みにくい。新人看護師は最初は是非内科から入った方が良いと言う。最初に難しい科で経験して置けば後が楽だからだそうだ。
外科は、急性期の患者が比較的多く、内科は、急性期、慢性期、終末期など様々な患者がいる。外科はすぐに退院して行くので、患者との付き合いは短い場合が多い。対し 内科は患者との付き合いは長くなる場合が多い。
残業はどちらかといえば内科の方が多い。 配属される看護師の中で活発的で体育会系な人は外科、救命へ。おとなしくのんびり屋な性格は内科や精神科などに割り振られる場合が多いらしい。看護師の性格まで考慮して割り当てられているとは知らなかった。
外科の看護師は、迅速な処置が得意な反面、患者と接する看護が苦手な場合が多く、 内科の看護師は患者のケアが好きな反面、急性期の看護についていくことが難しい場合がある。
外科の看護師は迅速に処置に対応できるところにやりがいを感じている看護師が多いらしい。確かにわたしが配属されている病棟ではてきぱきしている人が多い様だ。外科は機敏に対応しなければならないので、年配になると外科から内科に移動する看護師もいる。
外科も内科もどちらにもいいところがあり、向き不向きもある。若い内はどちらも経験して看護の知識を広げてこれからの経験に役立てたら良いと思う。